2021年4月25日日曜日

フォッシル、スカーゲンから電子ペーパーを使ったハイブリッド・スマートウオッチ

 スマートウオッチと言うとApple Watch以外は話題になることが少ないですが、Fossileという時計メーカーでは有名ブランドのスマートウオッチを製造しています。
一番の魅力はデザインです。

コロナ禍で気づかなかったのですが、新しいタイプのスマートウオッチが発売されていました。
今までとの大きな違いはメールやLINE等のスマホからの通知は電子ペーパーで表示され、時計はアナログのように本物の針が動くハイブリッドです。

アナログ時計に通知が届くと針の位置で「メール」「電話」が分かるものはありましたが、今度のは文字で表示してくれます。
電子ペーパーは省エネなので1回の充電で2週間程度使用できると書かれていました。

よりアナログ時計に近いデザインになり、今までデザインで敬遠していた人も使ってみたくなるのではないでしょうか。

残念ながら私の欲しいデザインは売り切れでした…

フォッシル初のLTE対応スマートウォッチは「挑戦を経て完成」、スカーゲン「HYBRID HR」などCES発表の新作動向を解説 | Ascii

文字盤つきスマートウォッチってけっこうイケてる:スカーゲン Jornレビュー | GIZMODE

E Inkなのに文字盤が美しいハイブリッドスマートウォッチHR「FOSSIL NEUTRA」レビュー | ASCII

Fossile ハイブリッドHR (メーカーサイト)

SKAGEN JORN HYBRID HR (メーカーサイト)



パソコンサポート・IT支援のスガヤ
輸入代行もやってます。