2019年1月18日金曜日

また大規模な情報流出でしょうか?

7億7300万件の流出情報、闇フォーラムで流通 平文パスワードも出回る -ITmedia-

Have I Been Pwned(HIBP)というサイトで自分のメールアドレスの流出状況を確認できます。
今回だけでなく過去の物も確認できますよ。

HIBPの使い方や表示される内容について詳しく紹介しているサイトもありました。
こちらのサイトもチェックしてみてください。

自分のメールアドレスやパスワードの流出を確認できる「have i been pwned?」。確認したら、流出しててガックシ。 -やじり鳥-


輸入代行もやってます

2016年7月23日土曜日

ポケモンGOが話題だけど、どうやってお店の集客に利用するの?

欧米で話題の「ポケモンGO」が日本でも配信開始されました。
このアプリがお店の集客に一役買っているらしいのです。
パソコンサポート・IT支援のスガヤでは、お店や法人のお客様が多いので
ゲームの遊び方ではなく、集客について書きたいと思います。

ポケモンGO
ポケモンGOって何?という方は ポケモンGO公式サイト でご確認を。

ポケモンGOで集客するためにはいくつか方法があるのですが、
誰でも簡単に!という訳にはいかないようです。
プレイヤー(ポケモントレーナー)が集まってくる場所は「ジム」「ポケストップ」の2つです。

プレイヤーが所属するチームのジムではポケモンのトレーニングができます。
他のチームのジムを奪うための「ジムバトル」もあります。

プレイヤーがポケストップに立ち寄ると「モンスターボール」や様々なアイテムを手に入れることができます。

マクドナルドが「ジム」「ポケストップ」になるというニュースを見た方もいらっしゃるかもしれません。
自分のお店や会社も「ジム」や「ポケストップ」にして集客したいと思いますよね。
外国でも大人気となるとインバウンド需要も期待できます。しかもニュースを見ると海外でプレイしているのは大人です。ビジネスにつなげられそうです。

しかし。。。
残念ながら現在は申請を受け付けていません。(でも、あきらめずに最後まで読んでくださいね)

 ポケストップやジムについて報告する

現時点では「ジム」「ポケストップ」はポケモンGOを運営するNianticが勝手に設定をしています。
いずれ募集されるのでしょうが、あちらもビジネス。有料になるのでしょうね。
既に「ジム」「ポケストップ」に設定されているところはSNSやブログ、ホームページで宣伝しましょう。

そして「ポケストップ」に設定されているか近くに「ポケストップ」があるという場合は安価に集客するチャンスがあります!
この写真のお店は10ドルほどで店の売り上げを75%も向上させたそうです。


ポケモンGOのアイテムに「ルアーモジュール」という物があり、30分間ポケストップ付近にポケモンを引き寄せることができます。
ここにポケモンをゲットしたいプレーヤーが集まってくるというわけです。
「ルアーモジュール」は100ポケコイン(現在120円)で効果は30分。3時間やっても1000円未満!
SNSやブログで「ルアーモジュール」を使用する時間を事前に宣伝することで口コミ効果も狙えます。

ちなみに「ポケモンGO」の運営は任天堂ではありません。
Niantic(ナイアンティック)という会社が運営をしています。
この会社、世界的な陣取りゲーム「Ingress(イングレス)」の開発と運営を行っている会社です。
イングレスで「ポータル」になっていたところは「ポケストップ」になっている可能性があるので調べてみましょう。

ポケモンGOはバッテリー消費が激しそうですね。
モバイルバッテリー販売や充電スポットは商売につなげられるかもしれません。
一部のスマホはインストールできなかったり、ARを使用できません。
買い替え需要はあるのでしょうか?対応しているスマホと格安SIMの販売とか出てくるのでしょうか?
そしていつまでブームが続くのでしょうか?


輸入代行もやってます